苗の鉢への植えつけの方法

Sponsored Link


苗を庭に植える場合と鉢へ植える場合があると思いますが、ここでは鉢へ植えつける方法の解説です。
特に難しくはなく、簡単にできます。

苗は葉が生き生きとして葉の濃いものを選びます。下葉が枯れていたり、徒長している苗は避けましょう。

【苗の鉢への植えつけの方法】

用意するもの
鉢、鉢底石、鉢底網、ハーブ用培養土(肥料入り)、土入れ、ローズマリーの苗

  • ローズマリーの苗の株元近くの小枝は取ると株元の風通しがよくなります
  • 鉢底網を敷き、鉢底石を入れます。
  • ハーブ用の培養土を7~8割入れます。
    もちろん自分でブレンドしたものでもかまいません。
    {例えば 赤玉土(小粒)6:腐葉土4の割合で混ぜた土に苦土石灰を少量まぜます}
  • 株元を持ってポットから苗を取りだします。根をくずさないようにします。
  • 苗を鉢に植えつけます。
  • すき間に培養土を入れ足します。
  • 土の表面を平らにして、土が足りなかったら足し入れます。ウォータースペースを2cmほどとります。少し株元を高くすると水はけがよくなります。
  • そして、水を鉢底から流れ出るくらいにたっぷりと水を与えます。
  • 日陰に3~4日置いた後、日当たりのよい場所に移します。

その後は土の表面が乾燥してから与え、乾燥気味に育てます。

※ウォーターペースとは
プランターや鉢植えに用土は上までいっぱいには入れず、上部より2cmくらい残して培養土をいれます。水やりの時に土や水が流れ出ないためで、ここに水をためて土の中にしみこませます。


Sponsored Link

このページの先頭へ